お知らせTopics

金属アーク溶接等作業主任者限定技能講習の新設について 

 令和4年12月26日付けで、厚生労働省から標記に係るパブリックコメント(意見募集)が公表されました。

 現在、金属アーク溶接等作業に係る作業主任者講習は、特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者技能講習を修了した者でなければならないとされているところです。

 しかし、溶接ヒューム以外の特定化学物質及び四アルキル鉛に係る科目を受講する必要がある等負担が大きいため、今回、新たに金属アーク溶接等作業に限定した講習を新設することとしたものです。

 なお、「特定化学物質作業主任者には特定化学物質作業主任者技能講習の修了者等を選任する必要があるが、溶接の資格ではないため、金属アーク溶接等作業に従事する者全員が技能講習を修了する必要はない。なお、建設作業や設備の補修作業等において、毎回異なる場所で短時間の金属アーク溶接等作業を実施する場合であっても、その作業には特定化学物質作業主任者の選任が必要であることに留意する必要がある。」とされているところであり、建設業界においても影響があると思われます。

 改正法の告示は、令和5年3月下旬予定
 施行期日は、令和6年1月1日(一部規定は公布の日)

 なお、建災防沖縄県支部において「金属アーク溶接等作業主任者限定技能講習」の実施につきましては、予定しておりません。
 

金属アーク溶接等作業主任者限定技能講習の新設について(概要)(e-govリンク)


「労働安全衛生規則等の一部を改正する省令(案)及び化学物質関係作業主任者技能講習規程の一部を改正する件(案)について(概要)」に関する意見募集について|e-Govパブリック・コメント
(e-govリンク)
(令和5年1月24日23:59応募締め切り)