下地米蔵氏(建災防沖縄県支部 前支部長)が

令和2年度 安全衛生に係る厚生労働大臣表彰功績賞を受賞しました。

令和2年度の功績賞は全国で28人 県内からは下地米蔵氏1人が受賞しています。

建災防沖縄県支部からの同表彰は建災防沖縄県支部設置(昭和47年)以来初めてのことです。

 

同氏は、平成26年6月に建災防沖縄県支部の支部長に就任し、令和2年6月まで3期6年間支部長を務めました。

この間、「沖縄県建設業ゼロ災運動」(厚生労働省沖縄労働局、内閣府沖縄総合事務局、沖縄県土木建築部及び建災防沖縄県支部 共同主唱)を積極的に取組みました。

さらに同運動を「建設業SafeWork運動」に発展させ、建設従事者の安全意識の高まりに尽力しました。

さらに、建災防本部の常任理事に平成26年から2か年間就任し、全国建設業の安全衛生対策にも貢献しました。

 

功績賞とは        安全衛生活動の指導的立場にあり、地域、団体、関係事業場の安全衛生水準の向上・発展に

                         多大な貢献をした個人を対象としています。

ー 福味沖縄労働局長(右)に受賞の報告をする下地米蔵氏 ー

© kensaibou-okinawa   All rights reserved.